Works

M-residence
1階を親世帯、2階を子世帯として、寝室・ダイニングをそれぞれの階に設置し、玄関や水場周り、客間を1階に共用する半分離型の郊外に建つ二世帯住宅。

1階リビングは共通のくつろぎの場所として吹き抜けのある広間として設計。広間は二世帯が食事のできる広い食堂へつながり、さらにプライバシーに配慮した屋外テラスへと続く。

吹き抜けの広間では大きな開口部によって空や遠い景色を取り込み、南側テラスと一体となった開放的な空間として設計している。

この広間空間はその場所の外部空間と混ざり合いその性格を曖昧にし、どちらの家族にも属さない領域として、二つの家族につかずはなれずの「適度な距離」を与えている。