Works

I-residence
郊外宅地に建つリビング中心の家。

敷地南側に面してリビングを配置し、その周りに各室が展開する住まいとして設計した。吹き抜けのリビングには2階へのオープンな階段を設置。寝室や書斎の小窓や廊下の大きな開口部からリビングを見渡すことができる。

リビングには床暖房を設置し家全体が温かくなるように配慮している。リビングから庭にかけては広いデッキテラスを設け、リビング空間に広がりを与えている。またペットの子猫たちの食事のための小部屋や掘りごたつのある客間なども備えている。

庭のプライバシーを確保するため塀を設置、杉材を採用。外観は白い外装に一部塀と同じ素材の杉を使用し、建物と塀に一体感を持たせることで全体的にシンプルで柔らかな表情をつくっている。