Works

Garza blanca
古い街並みに建つ集合住宅。
住空間を周辺環境に大きく開くのではなくて、半ば閉じ半ば開くといったコンセプトでデザインしている。

メゾネットの各住戸には小さなポーチ(中庭)を設置し、取り囲む壁の開口部や上空から差し込む光が、柔らかく室内に入り込む。外部の風景も同様に間接的に目に入る。

外部(道路)と内部(居住空間)の間にこのような中間的な空間をつくることでプライバシーを適度に守りながらも、その場所の光や風を経験することができる住空間となっている。